事件や危険とサヨナラ!出会い系サイトを安全に楽しむ

021640

以前には未成年との淫行、刑事事件となるような暴行事件などが絶えなかった出会い系サイト。
人と人の交流の場であると同時に危険がはらんでいるといえます。

今現在出会い系サイトは18歳未満の利用は禁止され、未成年保護という観点から登録も厳しくなっています。

例)
・携帯電話の電話番号登録義務
・運転免許証や健康保険証などの本人確認書類提出義務
・サイト内でのトラブルを監視する人員の設置

これらの措置により後を絶たない未成年とのトラブルを未然に防ぐことができます。

サイトの安全管理体制は強化され、会員のプライバシーを保護するセキュリティ向上。
迷惑会員の徹底排除など安全意識が強まっています。

出会い系サイトの自助努力はほかにもあります。

自分のメールアドレスを他の会員に知られたくないという要望に応えて、
サイト内のWEBメールというものを設置しているのです。
これで自分の携帯電話番号やメールアドレスを相手に知られることはありません。
相手からのしつこい連絡があってもトラブルを回避できるのです。

危険性ということでは自分のプライバシーが守られるのかも気になるところ。
通常のECサイトというものはセキュリティや個人情報保護がずさんであることが多いもの。
しかし出会い系サイトは、犯罪防止やプライバシー保護という観点から会員情報を大切に扱っています。
自分がサイト利用していることを知られたくないユーザーには朗報といえます。

以前よりも安全に使えるようになった出会い系サイト。
事件や危険性から遠ざかりましたが、それでも人同士でのトラブルは出てくるもの。
特に金銭面での事情や行き違いが原因での騒動は出てくるのです。

人の出会いにはプラスになる部分とマイナスになる部分があります。
サイトを利用していくことで、自分の交際相手を探したりパートナー探しをする。
知り合った人たちが結婚にまでいたるケースも存在するのです。
気軽な出会いから真剣な付き合いまで、利用方法はユーザー次第ですから安全意識を高めて望みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>